変更・追加・削除が容易に!CADなら楽々製図が出来ます

Published by:

CADは電気や機械などの設計に欠かせません

電子回路設計や基板設計には2次元CAD、機械設計などでは3次元CADが使用されています。

2次元には縦方向と横方向の2つの次元があるのに対し、3次元の場合は2次元に対して高さが加わる事になります。

縦方向はY軸、横方向はX軸、高さはX軸などで現されるのが特徴で、CADのマウスポインターはXYZの座標軸で計算が行われ、現在のマウスポインターの位置を表示してくれるなどの機能があります。

電子回路設計では回路図と呼ばれている図面はCADを使って書き上げて行くのですが、電子回路は何度も変更や修正が加わるため、部品を追加する作業や削除する作業が必要になります。

部品を追加する時には、現在の結線を一旦切り離してから、追加する部品を挿入し、再び結線を行う事になります。

スペースがない場合でも、範囲を指定してから移動コマンドを実行すれば、簡単に他の回路を移動出来るなど、手書きの場合とは違い、追加や削除などが簡単に行えるメリットを持ちます。

電子回路図からプリント基板設計

電子回路図が完成した後は、プリント基板設計を行う事になるのが電子機器開発の特徴です。

現代のCADは回路図データを基にして、プリント基板のアートワークを自動化させる事が出来るようになっているのが特徴で、電子部品のサイズなどを登録しておけば、電子回路に合うプリント基板設計を行えるのです。

また、アートワークの移動もCADを使えばまとめてアートワークを移動出来るようになります。

例えば、平行に並んでいる1つのアートワークを左方向に少しだけ移動させようとすると、他のアートワークが同時に移動するので、自由に変更が出来るなどのメリットもあります。

電気CADでは、回路図入力や、プリント基板の設計を行います。最近では、統合CADソフトが作成されていますので回路図データを基板設計データーにそのままインターフェースすることができます。