なぜ選挙になると立候補して議員を目指す有名人が出てくるのか?

Published by:

政党は有名人の知名度が魅力的

選挙のときに、今まで政治的な発言などほとんどしていなかった有名人が突然立候補することがよくあります。なぜ、そういったことが起こるのでしょうか。まず、有名人に声をかけて公認候補として立候補させる政党としては、知名度が魅力的ということが挙げられます。選挙で立候補する人は学歴や社会的な実績はあるかもしれませんが、大勢に知られている人はそう多くはありません。しかし、選挙では学歴などなくても、自分がよく知っているからという理由で有名人に投票する人がたくさんいます。なので、有名人は新人候補であっても選挙に当選する可能性が高いといえるのです。そのため、一人でも多くの当選者を出したい政党は有名人に出馬してほしいと頼むというわけです。

有名人にとっては安定した収入が魅力

また、テレビによく出るような有名人は比較的、若い人から支持を集めることが多いです。選挙では若い人の投票率が伸び悩むことが多いので、そういった年齢層の人たちの投票してもらうことを意図して、有名人を誘うというのも理由としてあります。では、有名人側からすると、議員という仕事はまったくの畑違いなのに、なぜ立候補するのでしょうか。これは当然、有名人の個々の事情が関係していますが、多い理由としては生活の安定が挙げられます。有名人は必ずしも収入が安定しているわけではありません。しかし、議員になれば毎月、必ず一定の報酬をもらえることができます。また、有名になりたいという希望は叶ったので、今度は社会的な名声を得たいという理由で立候補する人も少なくありません。

山本英俊(やまもとひでとし)はパチンコ機器卸会社の代表取締役会長を務めています。また、競走馬の馬主の顔も持ち、所有した馬の中には重賞競走で優勝した馬も複数います。