BCP対策は実現可能な範囲で、かつブラッシュアップさせることが必要です

Published by:

BCP対策とは一体どういうものなの?

BCP対策とは、大地震や津波、テロ等の緊急事態に当該企業を陥った場合において、その緊急事態で被る経済的被害を最小限に抑えて、その企業が行うビジネスの継続や早期復旧を行う為の日頃行う活動や緊急事態時における行動のマニュアル等の事を指します。この対策を行っておくと、実際に様々な被害に遭遇した場合においての対応が可能となります。

他にどういうメリットがあるの?

震災等の様々なアクシデントに対応する事が出来るだけでなく、当該企業と取引を行っている取引先からの信頼や評価が上がることも期待できます。物流等により商売を行っている1企業がBCP対策を万全に行っていたとしても、その取引先が対策を行っていなければ、そのBCP対策の実効性に疑問が生じてしまう為、万全なBCP対策を行っている企業はそれだけで信頼が高まる、ということなのです。また、BCP策定中に行える様々な業務改善の効果もメリットとして挙げることができます。

BCP策定時における留意点

BCP対策を行う事は、自社の経営や、取引先企業への信頼度の向上等の様々な効果を期待する事が出来ます。しかし、BCP対策の策定時においてあまりに完璧なものを作り上げようとすることは厳禁です。この対策はあくまで災害等が発生した場合において、速やかに事業を復旧させる事を可能にする為の対策なので、自社で実現可能な範囲での策定を行うことが必要となります。そして、一回BCP策定をした後もそこで終了するのではなく、その当該企業を取り巻く環境が変化するごとにその計画をカスタマイズさせていく必要もあると言えるのです。

大地震などにより、ビジネスの継続が困難になる場合に備えることをBCP対策と言います。BCP対策をしておくことで、倒産リスクを軽減することが可能です。