衣服に穴やシミができた時の補修にはワッペンを使用してみよう

Published by:

デザインも豊富なワッペンを使ってリメイクしてみよう

ワッペンには様々ななデザインや大きさがあります。デザインが飽きてしまった衣服や穴やシミが出来てしまった事で着れないと思っていた衣服でもワッペンを使う事で簡単にイメージチェンジが可能です。特にシミや穴が開いてしまった場合の補修ポイントとして、隠したい部分よりも約5mmからcm程度の大きさの物を選ぶと良いでしょう。穴や破れた箇所ぎりぎりの大きさだと洗った時に剥がれやすくなってしまうため、注意が必要です。また、小さいワッペンのデザインを選ぶ時には星やハートなど簡単なデザインを選ぶ事で、同じデザインでも様々な大きさを選ぶ事ができます。補修個所だけに貼り付けるのではなく、衣服全体を見ながら複数のサイズを貼り付ける事で全体的にデザインのバランスが取れます。

ワッペンで補修する時のポイントは2つ

ワッペンで補修する時には、殆どの場合にアイロンを使用します。一つ目のポイントは、アイロンを使用する際にはアイロンの熱に耐えられず溶けてしまったり、焦げた様に生地が縮れてしまう事があるので必ず当て布をしてから使用しましょう。当て布はタオルでも代用できます。極度に熱に対して弱い場合には、布専用の接着剤を使用しましょう。二つ目のポイントは選ぶデザインに関してです。デザインやサイズは様々で初めて使用する方はどういったワッペンが合うのか分からない可能性もあります。ワッペン選びで迷った場合には、衣服に使われている色や柄を含むワッペンを選ぶといいでしょう。ただし、サイズに関しては事前に衣服の写真を撮りワッペンと比較しながら購入する事が大切です。

ワッペンはかばんやジーンズに貼るという用途があります。さまざまなキャラクターやデザインの商品が売られています。