ハンドメイドをもっと楽しく!洗濯表示タグで本格的な作品を作ろう

Published by:

そもそも洗濯表示とは?

ファストファッションから高級ブランドまで、市販の洋服には必ず、ラベルまたはプリントで示されている「品質表示」。素材を表す「cotton ~%」などの文字とともに表示されている、特徴的な記号が「洗濯表示」です。これは、繊維製品のケアや洗濯などを行う消費者に、適切な取り扱い方法を提供するために表示されるもの。洗濯処理について表す「桶」の形の記号をはじめ、基本記号は5つあります。漂白処理記号の三角や乾燥処理記号の正方形、そしてアイロンの形をしたアイロン仕上げ処理記号と円形の商業クリーニング処理記号。さらに、付加記号を組み合わせることで構成されています。なお、洗濯表示は平成28年12月1日以降、新しくなりました。ここでは新しい表示について紹介しています。

洗濯表示タグをオーダーしよう

ネームタグのネットショップでは、洗濯表示タグのオーダーを受け付けているお店がたくさんあります。タグの素材やサイズをはじめ、プリントネームと織りネームから選択できるお店も。さらにオリジナルテキストの入力もできるなど、ハンドメイドがもっと楽しくなる要素が詰まっています。小ロットから作成してくれるお店を選べば、個人のハンドメイドでも無駄がありません。ハンドメイドの洋服は手作りならではの温かみが魅力ですが、洗濯表示タグを縫い付けることで、本格的な雰囲気もプラスされます。洗濯をする際にも確認ができるため、自宅用はもちろん、プレゼント用のハンドメイド作品に縫い付けておくのもおすすめです。

ネームタグとは衣類のメーカーやブランド、デザイナーなどの名前が書いてある布または革製の商標です。洋服の場合、首元に多く付けられています。