安全のために! 身近な製品に関連している「EMC試験」

Published by:

電気的なノイズの影響を受ける家電製品

家電製品は私たちの生活に欠かせない道具です。テレビやエアコンなどがない生活は考えられないのではないでしょうか。そんな便利な家電製品は、「電気的ノイズ」に包まれた環境にあります。電源が入っている家電は微量な電気的ノイズを放出しており、他の家電が発する電気的ノイズの影響を受けているのです。強いノイズを受けると、誤動作(または動作不良)となる家電もあります。しかし、心配しないでください。ノイズの放出量が他の家電に影響を与えないレベルにあるか、他の家電からのノイズを受けても問題ないかをチェックする試験があります。それが「EMC試験」です。

2種類あるEMC試験

安全に動作し、他の家電に悪影響を与えない家電を開発するため、EMC試験は欠かせません。この試験は2種類あり、家電から放出される電気的ノイズの強さを計測する「EMI」と、他の家電から発せられたノイズを受けても正しく動作することをチェックする「EMS」があります。これらの試験には特別な設備が必要です。大手メーカーでは自社で設備を用意して技術者も養成していますが、中小企業などでは自社で用意する余裕がない場合もあります。そのため、他社から依頼を受けて試験を行う専門業者もあります。電気的ノイズをまったく発生させない(影響を受けない)家電を作るのは困難なので、EMC試験は製品の設計を左右する大切な項目です。試験の合否を判断する基準は、国または業界団体によって定められています。一般に流通している家電製品はすべてEMC試験に合格したものです。

EMC試験とは、電気製品などに行う耐性試験のことで、機器の内部と外部から出ている電波が機器の動作や機能を妨げていないか測定するものです。