初めて知る方向け!CADって何のために使われているの?

Published by:

いろいろな設計図を書くため

CADという言葉はよく聞くけど、何のために使われているのかわからない方もいるかもしれません。すごく簡単に説明すると、パソコンでいろいろな設計図を書くために使われているものなんです。

業種では建築や土木、電気や電子などさまざまな分野で必要とされているんですよ。機械の部品を製作するときに、設計図がないと製造を始めることは出来ませんよね。プレゼンテーションの資料など、いろいろな用途で活用できるのもCADの良いところなんです。

データとして扱うため

CADは手書きの図面と違って、データとして扱えるのが大きな特徴と言えるでしょう。コピーも自由に出来るので、図面のやり取りもスムーズになりますね。

修正したい箇所が見つかったときも、データを修正するだけなので時間はそこまでかかりません。CADを使うことで図面の管理も楽になり、業務も円滑に進められるようになっているんですよ。図面をデータ化しておけば、好きなときに印刷して使えるので便利ですよね。

手書きよりも覚えやすいため

CADが広く使われるようになった理由として、手書きよりも覚えやすいことが大きいでしょう。図面の手書きは覚えることが多く、一人前になるまではかなりの経験が必要になるんです。

CADを使えば時間が短縮できるので、会社としても導入しない手はありません。会社間で図面をやり取りする場合にも、手書きではなくCADが指定されるケースも多いんですよ。これだけ広く使われていると、CADは便利なものだと実感できますね。

水道CADとは、水道に特化した専用のCADです。水道設計に必要な図面を三次元で表現することができ、業務の効率化が図れます。