ネジって地味だけど…様々なモノづくりに使える部品!

Published by:

何かを作るときに絶対必要?

モノづくりが趣味だという人は多いですよね。特に趣味としていない場合でも、工作が必要な時もあるでしょう。素人、玄人問わず、組み立てに使われる部品と言えば「ネジ」です。プラスドライバーがあれば、一般的なネジは誰でも簡単に使うことができますよね。ネジがない製品ってなかなかありませんよ。家具を作る時にも、電気製品を作る時にも、ネジで締め付けて固定するのが普通ですからね。ホームセンターに行けば、あらゆるタイプのネジが売っていますよ。

ネジの種類はめちゃくちゃ豊富

ホームセンターに行ってみるとネジの豊富さを体感することができますよ。直径から長さから、端から端まであらゆるネジが取り揃えてあることでしょう。ネジには種類もあります。木材を固定するための木ネジもあれば、金具を締め付けるボルトもあります。用途に応じてタッピングネジや皿ネジなど、いろいろな種類のネジを使い分けるといいですよ。DIYで収納ボックスを作ったり、ピクチャーレールでインテリアを飾ったり、ネジを使えばいろいろなことができます。

ネジの仕組みって単純!

釘も固定するための固着具ですが、ネジはより強力でネジで締め付けた部分はなかなか外れません。物同士を固着させる点は釘もネジも同じなのですが、釘を打つにはハンマーを使い、ネジにはドライバーを使います。必ずしもネジがいいというわけでもなく、作るものや設計によってメリットも変わってくるんです。ネジの凄いところは、その単純な仕組みだと思います。螺旋状に切られたネジの仕組みを見れば、どれだけ強力な固着具なのか実感できますよ。

ねじの販売をする事によって安定した収入を得られます。ねじは必ず機械に必要とされますので、メーカーと契約すると高収入になります。